ピラティス

ピラティス

ヒップリフトで腰痛改善?痛くなる?原因と効果のあるやり方とは?

ヒップリフトで腰痛は改善する?それとも腰痛が悪化して痛くなる? 腰痛に効果のある正しいヒップリフトのやり方とは? ヒップリフトは正しくやれば腰痛改善に効果的ですが、間違ったやり方では逆に腰痛を悪化させる可能性があります。 ヒップリフトのやり方のコツと注意点を紹介します。
ピラティス

リバースプランクの正しいやり方と背中・体幹と全身への効果

リバースプランクの正しいやり方とは? リバースプランクは猫背や肩こり改善に効果的なピラティスエクササイズです。 リバースプランクで背中や体幹などを鍛え、胸の筋肉や腕の筋肉をストレッチすることで効果的に姿勢改善、肩こり改善ができます。しかし、手首を痛めるリスクもあるので無理には行わない方がいいでしょう。
ピラティス

ティラピスとは?ヨガやピラティスとの違いは?効果と種類の解説

ティラピスとは? ピラティスとティラピスは何が違うの?ピラティスとティラピスの違いは、そもそもティラピスという言葉は存在しません。 ピラティスとヨガはよく効果や種類を比較されます。 ティラピスはピラティスの言い間違いですが、あまりにも多く間違えられる言い方です。
ピラティス

ピラティスは下半身に効果ある理由とは?太ももダイエットや引き締めに

ピラティスが下半身に効果ある理由とは? ピラティスは太もも痩せや下半身のダイエット、下半身の引き締めに効果が期待できます。 また、下半身だけではなく全身の引き締めに効果が期待できます。 その理由は主に身体の弱っている筋肉を適切に使うことで上手く引き締めることが出来るからです。
ピラティス

ピラティスの消費カロリーはどのくらい?ダイエット効果をヨガと比較

ピラティスの消費カロリーはどのくらい? ピラティスのダイエット効果はあるのでしょうか? ダイエット効果とピラティスとヨガで比較します。 実はピラティスの消費カロリーは低いので消費カロリーベースではダイエット効果はあまり期待できません。 それでも、ダイエットにピラティスをやるべき理由とは?
ピラティス

ピラティスリングのおすすめの使い方とメリット/腹筋に効果はある?

ピラティスリングの使い方とメリットとは? ピラティスリングは使い方によっては腹筋に効果があります。 また、肩回りの動きの改善に効果的ですので、肩こりの改善や肩のリハビリにも効果的です。 ピラティスリングのメリットは軽いしコンパクトなので、ピラティスマシンと比較して導入しやすいです。
ピラティス

ピラティスで肩こりは改善?悪化?解消・予防ができる理由とは?

ピラティスで肩こりの改善や解消、予防ができる理由とは? ピラティスは姿勢の改善や肩こり腰痛改善に効果的なエクササイズです。 特に現代人で多い肩こりにも効果的ですが、その理由は筋トレ要素とストレッチ要素があるからです。 マッサージだけではすぐ戻りますが、ピラティスでは効果が持続します。
ピラティス

ピラティスのロールアップのエクササイズのやり方とコツ/できない原因と効果

ピラティスのロールアップのエクササイズのコツとは? ロールアップができない原因や理由とは? ロールアップはピラティスエクササイズの中でもよく使われる基本的な動きです。 ロールアップの効果は腹筋の強化や背骨のコントロールによって腰痛予防などの効果があるのでぜひマスターしたいエクササイズです。
ピラティス

ピラティスとヨガの違いとは?目的や効果とダイエットにはどっちが向いてる?

ピラティスとヨガの向き不向きの違いとは? ピラティスとヨガでは目的や効果が異なります。 似ているようでピラティスとヨガは特徴が異なります。 特に違いがあるのはマシンの有無です。 ピラティスではマシンピラティスがありますが、ヨガにはありません。 ダイエットにはどっちが向いているのでしょうか?
ピラティス

ピラティスは毎日10分で効果がある?頻度は?家で初心者でもできる?

ピラティスは毎日10分で効果がある? ピラティスの理想の頻度は? ピラティスは家で初心者でもできる? ピラティスは難しいイメージがありますが、やり方を覚えれば初心者でもできます。 ピラティスは毎日やることでより効果が期待できますので、1日5分でも10分でもいいので毎日やるべきです。