パーソナルトレーニングは怖い?パーソナルトレーナーが怖いって本当?

感染症対策 パーソナルトレーニングスタジオhc-life

パーソナルトレーニングを全くやったことがない人、どんなサービスなのかイマイチ分かっていない人、運動が苦手で今までずっと避けてきた人…

 

このような方で多いのが

「ジムに行くのが怖い」

「パーソナルトレーニングを受けるのが怖い」

「パーソナルトレーナーが怖そう」

というイメージです。

 

実際にジムに通ってみたけど何すればいいのかよく分からなくてすぐ幽霊会員になって辞めてしまったという話はあるあるです。

 

では、実際にパーソナルトレーナーは怖い人が多いのでしょうか?

 

パーソナルトレーナーは怖いの?

パーソナルトレーナーが怖そうというイメージの方も多いのかもしれませんが、たぶん昔の昭和っぽい体育教師や部活の顧問みたいなイメージなのでしょうか?

 

「全然できてねーじゃねーか!!!やり直し!!!あと100回!!!!!!!」

みたいな感じのトレーナーをイメージされる方もいるかもしれませんが、私自身そんなトレーナーは見たことがないです(笑)

 

もし令和の時代にそんな人がいたら、即解雇でたぶん訴えられます。

 

少なくとも私がトレーナーの勉強を始めた15年前くらいからは見たことがないです。

15年前くらいは職人っぽい人がまだいたようなイメージですが、現在のパーソナルトレーナーは「専門職+サービス業」という感じの職業です。

 

専門知識を持って教える立場ですが、同時にサービス業としてお客様にサービスを提供するという感じです。

私も昔フィットネスクラブでアルバイトをしていましたが、大手企業だとサービス研修みたいなことが結構しっかりしています。

 

なので、昔の部活の顧問の鬼監督みたいな人はまずいませんし、もし仮に遭遇したらクレームを入れて大丈夫です。

間違いなく会社の方針というより、その個人の問題ですのでトレーナーを変えるかジムを変えましょう。

 

ダイエットジムの食事指導は怖い?

ただ、稀に聞くのがダイエットジムでの食事指導の際のアドバイスがキツイ、怖いという話です。

私自身、ダイエットジムでの勤務経験がないので分かりませんが、食事制限を指導しているのに我慢できないで食べちゃったらパーソナルトレーナーに怒られたみたいな話は聞いたことがあります。

 

これは怒鳴り散らされたという話ではなさそうなので、受け取る側の問題もあるかもしれませんので何とも言えません。

ただ、個人的な感想としては食事制限が我慢選手権みたいになっているのは指導としてどうなんだろうかとは思います。

 

一般的にですが、炭水化物をゼロにするダイエット方法は超短期であればいいのかもしれませんが、長期的には悪影響が出ます。

脂肪肝や耐糖能低下による高血糖症、腸内環境の悪化、甲状腺機能の低下などのリスクが上がることが分かっていますので、そもそもやるべきだとは思いません。

また、たんぱく質が不足していれば過度に炭水化物を欲しますし、マグネシウムが不足すれば甘いものを過度に欲します。

砂糖やカフェインには依存性があります。

 

このような我慢が出来なくなるような原因を取り除かないで、我慢が出来ないと怒るという指導はいかがなものかと思っています。

今そんなことをしている人がいるのかは分かりませんが(たぶんほぼゼロだと思いますが)、我慢が出来なくて怒られたという場合もトレーナーかジムを変えた方がいいでしょう。

 

今は「我慢しないダイエット」「無理なく続けられる食事改善」みたいな謳い文句が増えていますので、無理やり食事制限みたいな指導はもうかなり古い話ではないかと思います。

 

トレーナーは専門職+サービス業なので基本的に怖い人はいない

と、話が逸れましたが基本的にパーソナルトレーナーは専門家+サービス業なので、お客さんに怖いと思られたら結構まずいというのがごく一般的なトレーナーです。

その為、怖いトレーナーなんて一人もいませんよとは言い切れませんが、いたとしてもごく少数で、しかも上手くいかなくてそう映ってしまったという感じだと思います。

ただ、ボディビルダー系のトレーナーさんは見た目がゴツイのでそれだけで怖いと感じるかもしれません。

そればっかりはどうしようもないですが、ボディビルダー的なマッチョの人はコンテストで笑顔も求められますので見た目はゴツいけどフレンドリーな方が多い印象です。(個人的なイメージですが)

 

なかやまきんに君ほど陽気かは分かりませんが、少なくとも一般の方を相手に教える時に威圧するようなことはしません。

 

とは言え、マッチョのトレーナーは怖いと思えば、わざわざそのようなトレーナーを選ぶ必要はありません。

運動初心者を得意としていますというトレーナーや、女性のトレーナー、割と年配のトレーナーも最近は多いです。

 

トレーナーを選ぶ際はプロフィールをチェックして何となく合いそうな人を選んだ方がいいでしょう。

トレーナーが怖かったらどうしようと不安な方は、プロフィールをしっかり見ておいてトレーナーを選べるジムに行くことをおすすめします。

トレーナーを指名できない、誰が担当かその都度変わるというジムもありますので、トレーナーが怖かったらどうしようと不安な方はなるべくトレーナーを選べるジムの方がいいでしょう。

 

女性の場合は、女性専用のジムでトレーナーも全員女性ですというところもありますので、そのようなジムも近くにあれば検討してみてください。

 

パーソナルトレーニングは怖い?

パーソナルトレーナーよりもパーソナルトレーニング自体が怖いという方もいます。

パーソナルトレーニングは普段の生活では馴染みのないものなので、一体どんなことをしているのか分からないという人も多いです。

 

これはパーソナルトレーニングに限らず、ジムやフィットネスクラブも同じです。

行ったことがないとどんなところなのか説明がしにくいですが、行けば大体雰囲気は分かるというものです。

整体やカイロなども同じで、行ったことがない人は何をされるか怖いという人もいます。

 

パーソナルトレーニングはマンツーマン指導の運動指導です。

その為、決まった形式は特にありません。

 

一般的なパーソナルトレーニングの流れはこのような感じです。

・カウンセリング

・姿勢や筋力の分析

・体重や体脂肪率などのチェック

・トレーニング

・ストレッチ

・最後に姿勢や筋力などの確認

 

トレーニング内容が筋トレ(ウェイトトレーニング)がメインの場合もあれば、ピラティスやヨガのようなトレーニングがメインの場合もあります。

当スタジオでは、ピラティスやヨガのようなトレーニングをしています。自重トレーニングという器具を使わないトレーニングが中心です。

これは目的や施設によって異なります。

 

ストレッチは自分で動くストレッチとトレーナーがやるパートナーストレッチの2種類があります。

パートナーストレッチは受ける人は基本的に寝ているだけです。

ドクターストレッチさんが有名になりましたが、あれがパートナーストレッチです。

 

カウンセリングや細かな分析は初回時にのみ行うケースもあります。

体重は基本的に同じ時間帯に測らないと変化が分からないので、レッスン時に測ってもそこまで参考にはなりません。

 

当スタジオでは、姿勢の改善がメインになることが多いので、レッスンごとに毎回姿勢の分析を行います。

 

 

パーソナルトレーニングの運動は難しい?

運動が苦手な人にとって一番心配なのは、

「きつ過ぎて出来なかったらどうしよう」

「難しすぎて出来なかったらどうしよう」

ということではないでしょうか?

 

他の参加者がいるグループレッスンではこれは心配するべき内容ですが、パーソナルトレーニングであれば心配いりません。

パーソナルトレーニングはマンツーマン指導なので、出来そうなこと、合うことを基本的に行います。

 

グループレッスンでは、初級や中級などのグループが設定されています。

ヨガ教室やピラティス教室などではこのようなパターンが多いですね。

 

初めてやる人は初球から、慣れてきたら中級へ参加してくださいという感じです。

運動が苦手な人は、人前で失敗して恥をかきたくないという心理が働くのでなるべく簡単なところでやりたいと思います。

しかし、初級でも無理な気がするという人も多いのではないでしょうか?

 

この辺りは、初級と言ってもまぁまぁ難しいみたいなケースもありますので、そのスタジオやそのインストラクター次第のところがあります。

これは、他の参加者との兼ね合いもあります。

グループレッスンでは、1人に合わせた構成は不可能ですので、全体のレベルを見て調整をします。

 

パーソナルトレーニングでは参加者が1人ですので、1人に合わせて内容を調整できます。

いわばオーダーメイドのトレーニングになります。

その為、出来るか不安という心配はパーソナルトレーニングでは必要ありません。

少なくとも、お客さんの運動レベルに合わせてメニューの調整できるパーソナルトレーナーであれば全く心配する必要はありません。

 

パーソナルトレーニングは運動初心者にも向いている

パーソナルトレーニングというと運動上級者が使うイメージを持たれている方もいますが、運動初心者にこそ向いているのがパーソナルトレーニングです。

 

「ジムを一人で勝手に使ってください、その代わり安いですよ」という形式の24時間ジムが多いですが、これで自分でトレーニングができて成果が出せるのは運動に慣れた人です。

サービスの良し悪しというよりも向き不向きの問題です。

 

自分でトレーニングをしようにもどうすればいいのか分からないという運動初心者には、トレーナーがマンツーマンで付くパーソナルトレーニングの方がやりやすいです。

 

グループレッスンもクラスをしっかり選ばないと、運動初心者にはかなりハードルの高いことになります。

そして、その見極めもジムやスタジオ初心者には難しいです。

 

運動が苦手なのでパーソナルトレーニングは怖そうという人にこそ、むしろパーソナルトレーニングはおすすめです。

 

パーソナルトレーニングは怖い?のまとめ

パーソナルトレーニングはマンツーマン指導なので、運動が難しすぎる、きつすぎるという心配はないです。

むしろ、グループレッスンやジムを自由に使うことに比べると運動初心者向けなのがパーソナルトレーニングです。

 

グループレッスンやジムで挫折した人にこそ、パーソナルトレーニングはおすすめです。

 

また、パーソナルトレーナーは基本的に怖い人はいないというか怖がらせてしまうのはマイナスなのでそうならないように気を付けている人が大多数です。

 

ただし、人間なので相性はあります。

トレーナーとの相性は正直やってみないと分からないところが強いですので、体験レッスンをいくつか周るのがおすすめです。

体験レッスンや無料カウンセリングはどこもやっていますので、いくつか周ってどこに通うのか決めるのがいいでしょう。

 

パーソナルトレーナーとの相性がいいかどうかの判断基準は特にないので、何か合うな、何か合わないなという直感で決めていいと思います。

比較対象がないと分からないところもありますので、やはりいくつか体験してみると「この前の人の方がやりやすかったな」「こっちの人の方が何か安心感があるな」などの違いが分かってくると思います。

 

姿勢改善のパーソナルトレーニングスタジオhc-life【東中野・落合】

関連記事

  1. パフォーマンスピラミッドとは?パーソナルトレーニングの豆知識…

  2. パーソナルトレーニングで姿勢改善/トレーニングとストレッチ

  3. パーソナルトレーニングで膝痛を改善する方法

  4. パーソナルトレーニングでテニスの競技力を向上する方法

  5. ピラティスのエクササイズ

    パーソナルトレーニングで猫背を改善する方法

  6. ストレッチポールで体幹トレーニング

    パーソナルトレーニングの効果はいつから?女性は効果なし?男性…