「パーソナルトレーニング」という言葉はある程度市民権を得ていると思いますが、具体的にどんなことをするの?と聞かれるとそこまで認知されていないと思います。

 

「なんか筋トレとかする人」くらいのイメージが多いと思います。

 

筋トレはパーソナルトレーニングの手段の1つで目的ではありません。

 

ここでは、パーソナルトレーニングとはいったい何なのか?を解説していきます。

 

パーソナルトレーニングとは?

パーソナルトレーニングとは、一言で言えばマンツーマンのトレーニングです。

 

元々はプロスポーツ選手のトレーニングサポートをするようなサービスでしたが、海外のモデルや俳優などもパーソナルトレーニング受けるようになり、経営者やセレブ、そして一般にも広がるようになりました。

 

プロスポーツ選手であれば、パーソナルトレーニングの目的は筋力や柔軟性を向上してスポーツの競技力向上を図るということでした。

 

モデルや俳優ならスタイル改善、体力増強、健康維持などになり、経営者などは健康管理の一環でパーソナルトレーニングを行っていることが多いと思います。

 

一般の人も健康維持増進や、スタイル改善、あるいは趣味のスポーツ競技力向上などを目的にしている場合が多いです。

 

このように、パーソナルトレーニングは「筋トレをするもの」「ダイエットをするもの」などの決まりがある訳ではなく、1対1のトレーニングサービスです。

 

人によって目的もやる内容も異なりますので、筋トレを全くしないパーソナルトレーニングという場合もあります。

 

パーソナルトレーニングで出来ることとは?

パーソナルトレーニングで出来ることは、多岐に渡ります。

 

大きくは、次のように分けられます。

 

・スタイル改善

例)足を細くしたい、姿勢を良くしたい、ダイエットをしたい

 

・身体の不調改善

例)肩こり改善、腰痛改善、首こり改善

 

・スポーツの競技力向上

例)マラソンでサブ3を達成したい、テニスのサーブを速くしたい、野球で140キロを投げたい

 

・怪我のリハビリ

例)半月板損傷の再発予防トレーニング、腰椎椎間板ヘルニアのリハビリ

 

詳細は、下記リンクからご覧ください。

 

パーソナルトレーニングのメリット・デメリット

パーソナルトレーニングにはメリットとデメリットがあります。

 

これは、どのようなサービスでもあることだと思います。

 

大きなメリットは次の2つです。

 

・マンツーマンレッスン

・オーダーメイドのトレーニングプログラム

 

大きなデメリットは次の2つです。

 

・費用(料金)

・時間(レッスン時間・通う時間)

 

マンツーマンレッスンでオーダーメイドのトレーニングプログラムを行うので、非常に効果的なことがパーソナルトレーニングの特徴です。

 

その反面、マンツーマンレッスンの為に料金は必ず上がってしまいます。

さらに、通う時間・レッスン時間などもかかってしまいます。

 

このメリットとデメリットを踏まえ、パーソナルトレーニングを検討して頂ければと思います。

 

パーソナルトレーニングの流れはこちら