パーソナルトレーニングスタジオhc-lifeのおすすめの通い方をご紹介します。

 

パーソナルトレーニングは、定期的に行うことで最大限の効果を発揮します。

 

しかし、パーソナルトレーニングのデメリットの1つに通う「時間」があります。

 

この折り合いをどのようにつけるかをご紹介します。

 

パーソナルトレーニングの通い方の理想は毎週トレーニング

パーソナルトレーニングの通い方は、理想としては毎週トレーニングを行えるのがベストです。

 

身体は日々変わっていきます。

毎日の仕事でデスクワークをしたり、ランニングをするにしてもフォームが変わっていけば筋肉の付き方なども変わっていきます。

 

パーソナルトレーニングの間隔が空けば空くほど、この変化の影響を大きく受けるので、パーソナルトレーニングの効果を得られにくくなります。

 

特に、パーソナルトレーニングを始めた初期の頃は、間隔があまりあかない方が効果を得やすくなります。

 

目安は、週に1回のパーソナルトレーニングが理想です。

もちろん、週に2回の方がより効果的です。

 

初めから隔週や月に1回の頻度では、なかなか効果を得にくいです。

もちろん、事情があり最初から月に1回や隔週という方もいますが、毎週の方に比べれば効果を得にくいのは事実です。

 

毎週のパーソナルトレーニングが難しい場合の通い方例

毎週のパーソナルトレーニングをお勧めする理由は、間隔が空くほどに身体は変化するということです。

 

逆に言えば、この変化を最小限に留めることが出来れば間隔が空いても大丈夫ということになります。

 

パーソナルトレーニングでは、その時に行ったトレーニングやストレッチをご自宅でもやって頂くことをお勧めしています。

 

これは、身体の構造上日々のトレーニングやストレッチによって、日々の身体への負担を軽減することが出来ます。

 

この日々のトレーニングやストレッチの精度や実施頻度が、最初はどうしても低いので毎週のパーソナルトレーニングが必要になります。

 

ただ、日々のストレッチやトレーニングが正しくできるようになれば間隔はあいても大丈夫です。

 

その為、毎週が難しい場合は最初の1か月だけ毎週通い、その後は隔週に切り替えるという形が妥協点としてあります。

 

やり方を覚え、家でのトレーニングが習慣化してくれば、パーソナルトレーニングの間隔が空いても大丈夫になります。

 

最初から隔週の通い方はあまりおすすめできませんが、同様に日々のストレッチやトレーニング次第で間隔が空く影響を最小限に留めることができます。