パーソナルトレーニングスタジオhc-lifeでは、パーソナルトレーニングを通して皆様の身体を変えていきます。

 

パーソナルトレーニングのメリットとしては、完全オーダーメイドのレッスン内容と、マンツーマンレッスンでの効果的なトレーニングです。

 

このパーソナルトレーニングを通して、出来ることをご紹介します。

 

パーソナルトレーニングで出来ることとは?

パーソナルトレーニングでは大きく次のようなことができます。

 

人それぞれ身体に関する悩みや目標は異なると思いますが、パーソナルトレーニングではマンツーマンレッスン&オーダーメイドレッスンですので、どのような悩みや目標の方でも使える運動サービスです。

 

パーソナルトレーニング出来ること一覧

①パーソナルトレーニングで身体の不調改善

②パーソナルトレーニングで姿勢改善・スタイル改善

③パーソナルトレーニングでスポーツの競技力向上

④パーソナルトレーニングで怪我のリハビリトレーニング

 

こちらを1つずつ解説していきます。

 

パーソナルトレーニングで身体の不調改善

パーソナルトレーニングでは、身体の不調の改善が可能です。

 

具体的には、次のようなものがあります。

 

腰痛

肩こり

首こり

頭痛

膝痛

足のむくみ

慢性疲労

 

これらは全て様々な原因で起こる症状であり、また原因がはっきりと解明できていないものも多いです。

 

その為、中にはパーソナルトレーニングではなく病院に行った方がいいケースもありますが、その場合は詳しくチェックをしたのちに病院をお勧めする場合もあります。

 

肩こり、首こり、腰痛などは、筋肉のバランスや姿勢の崩れなどが原因でも起こると言われています。

 

その筋肉のバランスや、姿勢などを改善するのに最適な方法がパーソナルトレーニングです。

 

パーソナルトレーニングでは、このように筋肉のバランスや姿勢などを改善することで、肩こりや腰痛などの身体の不調を改善していきます。

 

パーソナルトレーニングで姿勢改善・スタイル改善

パーソナルトレーニングでは、姿勢改善やスタイル改善も出来ます。

姿勢改善は、筋肉のバランスの崩れで起こります。

猫背、O脚、X脚、反り腰など様々な姿勢の崩れ方がありますが、どれも筋肉のバランスが崩れて起こります。

 

姿勢の崩れ方により、筋肉のバランスが崩れている場所がことなりますが、基本的にやることは変わりません。

 

筋肉のバランスの崩れとは、硬い筋肉と弱い筋肉が出来ることで起こります。

硬い筋肉にはマッサージやストレッチ、弱い筋肉にはトレーニングが必要です。

 

パーソナルトレーニングでは、弱い筋肉へも硬い筋肉へもアプローチが可能です。

弱い筋肉を鍛えるトレーニングだけ、硬い筋肉を緩めるストレッチだけではなかなか改善しないのはこの為です。

 

パーソナルトレーニングでスポーツの競技力向上

パーソナルトレーニングでは、スポーツの競技力向上が出来ます。

 

スポーツでもっといい成績を残したい、細かく言えばより速く走りたい、より速いボールを投げたい、より強いシュートを打ちたい、怪我をしない体を作りたいなどの目的が、パーソナルトレーニングで叶えることが出来るものです。

 

パーソナルトレーニングでスポーツの競技力向上をする方法は、こちらのパフォーマンスピラミッドという考え方が分かりやすいです。

 

パフォーマンスピラミッドの解説はこちらから

 

下層の「モビリティ」「スタビリティ」「ムーブメント」が、スポーツパフォーマンスの土台になります。

分かりやすい言葉で言えば、基礎的な柔軟性、基礎的な筋力、基礎的な動きです。

 

これらが土台となり、その上にパフォーマンス(最大筋力や心肺機能)などが乗り、さらにその上にスキル(フォームや競技スキル)が乗ることで、高いスポーツパフォーマンスを発揮することが出来ます。

 

この土台の柔軟性や筋力を付ける手段として、パーソナルトレーニングが有効です。

 

パーソナルトレーニングでスポーツの競技力向上をする流れはこちら

 

パーソナルトレーニングで怪我のリハビリトレーニング

パーソナルトレーニングでは、怪我のリハビリも出来ます。

 

怪我そのものを治すというよりは、怪我が治ったあとに怪我の再発を防ぐ為のリハビリ、他の部位を怪我しない為のリハビリ、怪我前の身体の状態に戻すためのリハビリをパーソナルトレーニングで行います。

 

怪我をするには必ず理由があります。

 

それが、何かしらの筋力不足や柔軟性不足であることが多いです。

 

パーソナルトレーニングでその怪我の原因となった筋力や柔軟性を改善することで、怪我をしにくい身体を作ることができます。

 

上手くリハビリをすれば、怪我前よりも身体の状態がよくなることが多いです。